MENU

審査には必ず在籍確認がある!?

毎日の生活でお金の不足に悩まされることは数多くあります。
自宅の家賃や生活費、食費、税金、公共料金などの必要不可欠な出費が課せられる場合もありますし、交遊費や通院費、旅行費、趣味のファッションや読書、映画、音楽、グルメなどで度々お金が無くなることもあります。

 

そんな際には消費者金融のカードローンを活用すれば簡単に不足額を埋め合わせることができて便利です。
一枚のカードを発行することでこれを用いてATMから簡単に借り入れ金を引き出すことができるカードローンですが、これを利用するには然るべき申し込みとそれに伴う審査を受けなければなりません。
ネットや電話、店舗窓口、無人契約機などを使って氏名、住所、職業、勤務先、年収などを伝え、なおかつ身分証や年収証明書を提示してそれらが正しいことを保証します。

 

融資の可否決定に大きく影響を与えるのが、信用情報の調査です。
信用情報には審査対象者のクレジットカードや各種ローンの利用履歴が詳細に記載されています。
ここで何らかの問題が見つかると審査に不利になるのです。

 

審査では他にも申請された基本情報に基づき、融資希望者の返済能力について調べます。
具体的には年収や勤務年数といったポイントを見て、融資をしても大丈夫な人物かを見極めます。

 

さらに勤め先に電話連絡を入れて在籍確認を行い、申込書どおりに仕事に従事しているかをチェックします。
最近のインターネット申込では在籍確認なしで審査が進められる方法も登場しています。
審査結果も1時間も待たずにわかるので人気があります。

 

その上で今度は40分から60分ほどかかる審査の手続きを待たねばなりません。
カードローン審査ではまず申請内容に抜けがないか、不審な点がないかを確認した上で、信用機関を使って過去の借り入れ履歴を調べます。

 

それで信頼に足ると確信できたならば今度は在籍確認が実施されます。
在籍確認は審査担当者で勤務先に電話をかけて、申請者がそこで働いていることをきちんと確認するという作業です。
電話に出た相手に通話の取り次ぎを頼み、それがうまくスムーズにいけばこの確認が完了となります。

 

こうした段階を経て審査はおしまいです。
あとは店舗や無人契約機で発行されるカードを用いてATMのあるところを探して利用すればそれで利用開始することができるのです。

 

 

カードローン会社の条件を事前チェック!