MENU

カードローンの審査を通過する条件について

カードローンを利用するとき、まず気になるの審査です。
つまり、申込先の審査に通って、無事お金を借りることができるかどうか、について気を揉むのです。
これが気になるのは、相手方の審査条件がよく分からないからです。

 

細かな審査事項や審査基準は金融会社によって異なるものの、大まかには申込書に書かれた年収・勤続年数・居住形態・居住年数などが主な審査項目といわれます。
また信用情報機関に保管されている個人信用情報を照会して、借入状況や返済履歴についてチェックされます。
さらに在籍確認を経て融資可否決定と利用制限枠および適用金利の決定が行われます。
最近の申込審査ではインターネットの普及もあって融資スピードがカギといわれます。
申込から審査回答までおよそ30分というスピード審査を行う金融業者も少なくありません。
また本審査の前に簡単なチェックができる事前審査なら数秒で仮の審査結果が得られます。

 

たとえ、過去に何らかのカードローンを利用したことがあっても、会社によって条件が異なることもあります。
したがって、前は通ったけど、今度は条件が厳しいのでは、という風な心配が湧くのです。
とはいえ、カードローンの審査条件は、どこでもだいたい同じようなものではないでしょうか。

 

つまり、年齢、勤務先、勤続年数、年収、他社からの借入、などが主な審査条件になるのです。
これらの点が審査されるのですが、ウェートの置き方については、以前と比べて異なってきた点があります。

 

その一つが勤続年数です。
これについては、一昔前だと、勤務年数が長いことが美徳とされていましたが、今は必ずしもそうではありません。
なぜなら、実力主義と言われる現在は、仕事の力量がある人や経験が長い人は転職を目指すことが珍しくない時代だからです。

 

したがって、例え勤続年数が浅くても、そういった転職の場合は、特にマイナス条件にはならないのが普通です。
上に挙げた審査条件のうち、いま最も重視されるのは、他者からの借入状況です。

 

なぜなら、今は総量規制という法律があって、消費者金融は年収の3分の1以上は貸し出しできないことになっているからです。
したがって、この総量規制抵触しないように、各社とも他社からの借入状況には特に気を配って調べるのです。

 

 

カードローン会社の条件を事前チェック!