MENU

借り換えOK!便利なカードローン

個人のローンは、無担保と担保となる財産ありの場合、保証人の有無などさまざまな場合があります。
一般的にローンの金利は借り手の信用力と貸し手の回収リスクを反映して決められます。

 

たとえば、住宅ローンは高額ですが、担保となる土地建物があり、回収リスクが低いので、ほかのローンに比べて低い金利が実現できます。
カードローンは、言葉のままの意味では、不動産を担保にしたり、保証人をつけることも可能ですが、一般的な意味でのカードローンは無担保、保証人なしで、限度額の範囲で繰り返し借り入れと返済ができる借入れのことを言います。

 

その意味では、借り手にとっては借りやすく、用途の制限がないため、使い勝手も抜群ですが、金利はその分高くなります。
また、借り手の信用で決まるのは金利だけではありません。
返済能力が高いとみなされ、信用がある人は借入の限度額も大きくなります。

 

その為、限度額が大きい人=信用がある人、=金利は低くても借りられる人となり、反対に、限度額が小さい人ほど、貸し手からの信用が低く、金利が高いことになります。
複数のカードローンを利用して、それぞれの限度額が小さい場合、それぞれの会社の金利は高く、また返済期日も多いので、資金繰りの苦労から解放されません。

 

そんなときは、一番条件が有利なところに、借り換えで融資残高をまとめてしまい、他のローンは解約してしまうのがおすすめです。
他のローンを利用したままでは限度額を上げることはできなくても、他を完済、解約して借り換えをするためのローン商品が利用できます。

 

銀行カードローンで人気の使い方の一つとしておまとめローンがあります。
複数の金融業者からの借入を一本化する方法です。
他社借入分を解約手続きして一社にまとめれば上限額も大きくなり低金利で利用できます。
結果的に利息負担が軽減され、返済総額も減らせる可能性が高くなります。
銀行カードローンは総量規制対象外で高限度額に対応した個人向け融資も行っています。

 

 

カードローン会社の条件を事前チェック!