MENU

カードローンと金利計算方法

もしも日常生活の中で思いがけない出費に悩まされることがあったら、カードローンを活用することでトラブルをうまく回避することが可能となります。
カードローンは利用者専用カードを発行して持ち歩くことで、お金の必要性にあわせて近場のATMに駆けつければそこでサッと借り入れを行うことができると言う優れものです。
契約時に決められた借り入れ限度額の範囲内であればいくらでも、何度でも借り入れできるのも嬉しいところです。

 

ただしカードローンは借りた分だけの元金にあわせて、そのサービスで定められている金利を計算したものを合体することによって最終的な利息が算出できることとなります。
この金利とはほとんどの場合は年利、つまり一年間でかかる利率として表示されてありますのでそういった基準で計算することが必要です。

 

たとえば、20万円を金利17パーセントのところで借り入れして、その返済に60日かかったとすると、元金の20万円に金利17パーセントを掛け合わせ、その値を365日で割った上で60日分を掛けます。
そこで弾き出される5589円という数字がこの借り入れにおける利息となります。

 

こうやって金利計算を行った上で入念な返済計画を立てることが大切です。
もしも返済が期日よりも遅れたりするとこれに遅延損害金が課せられて利息はもっと大きくなります。

 

また、実際には毎月の返済日において元金を減らしていくことによって全体的な返済額も異なってくることとなります。
一括返済を行う場合には金利を日割り計算にして細かく返済額の算出を行わねばなりません。

 

数ある金融業者の中でも銀行が提供しているカードローン商品は金利帯が低いことで人気が高くなっています。
また借入限度額が高限度額まで対応しているので、借り換えに利用する人も多いです。
他社借入分を一本化することで高い限度額を得られるので適用金利が下がります。
低金利で借入すれば利息負担が軽減され、返済額が少なくて済みます。

 

申込後には申込書中の基本事項の審査とともに借入や返済状況もチェックされ融資可否決定となります。
同時に利用限度額も決められ、融資決定後は振込やカード利用でキャッシングサービスが利用できます。
融資スピードは年々アップし今では審査最短30分といった商品も多いので、お急ぎのときにも便利に使えます。

 

 

カードローン会社の条件を事前チェック!